BLOG

PADI コースディレクターが贈る
潜水日誌

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイブトリップ
  4. ダイブトリップ〜柏島編
アケボノハゼ

ダイブトリップ〜柏島編

アケボノハゼ

マクロ王国

ここの海に潜ると日本広しといえどここまで沢山の種類の
魚達に出会えるとこは少ない。
南方系のアイドルから、温帯域の生物層まで幅広く網羅できる。
フィッシュウォッチングから水中撮影までどっぷりとその世界に
はまってしまう。

sumirenagahanadai

近いダイブポイント

港から遠くても10分足らずの近さでダイビングが出来る。
太平洋からのウネリもかわせる地形。
ダイバーにとって非常に恵まれた環境だ。

マダラタルミ幼魚

地形バリエーション

この柏島はサンゴ、ガレ場、砂地、ゴロタ、岩礁、泥地とかなりの生態系を演出。
一日同じポイントに入ってもいいぐらいのバリエーション。

クマドリカエルアンコウ

発見する楽しさ

生物を自分で発見し撮影する。
色んな情報がある柏島だからこそ容易にアイドル達も発見が出来る。
こんなにも自然の水族館的な雰囲気で快適にダイビングすることができる。

ニシキフウライウオ

 

撮影する楽しさ

個人的にはここでもぐるんだったらリブリーザーで潜り
どっぷり撮影したい。
そしたら下の写真みたいなのが1ダイブでとれる。
減圧不要限界と戦う必要がなく。
余裕をもって被写体と向かい合える。

最高のエンターテイメント
【リブリーザーでのフォトダイブ】

 

フリソデエビ

 

 

ピグミーシーホースイバラタツ

yasyahaze

カンナツノザヤウミウシ

ニシキウミウシ

コミドリュウグウ

ネジリンボウ

ウデフリツノザヤウミウシ

ヒレナガネジリンボウ

フタイロハナゴイ

 

 

 

関連記事