潜水士向け

リブリーザー・コース
職業潜水士向け

水中作業を行うダイバーにとってリブリーザーの操作が非常にシンプルでかつ軽量であることは最大のアドバンテージです。深度が深くなるとガス消費量に応じてコストがかかります。リブリーザーでは3Lのシリンダーで行うため、ガス効率のコストパフォーマンスは絶大です。なお、各深度ごとの酸素分圧が一定にコントロールできるため、潜水計画も大幅に変更ができます。水中作業内容によっては潜水士3名で行っていた仕事が1名で完遂できるといったプランも可能になります。最新のPoseidon SE7ENではBluetoothで接続しPC上で潜水詳細データ設定し、潜水記録も同時に残すことができるため管理も容易です。

リブリーザー・ダイバー

最新の器材を使用して、水深18mまでのリブリーザーでの潜水を楽しむ為のコースです。リブリーザーの機能、セッティング、メンテナンス、スキル、潜水計画、機種の特性を学ぶことができます。

アドバンスド・リブリーザー・ダイバー

レクリエーションの限界水深までリブリーザーを楽しむ為のコースです。リブリーザーの故障などの緊急時に予備のシリンダーの使用方法、セットアップ、必要なガス量などを学習し、それに必要なスキルを学びます。

PLAN PLICE

講習料金のご案内

最大で4名まで同時受講できます

職業潜水士の皆様はリブリーザー・パッケージをご受講いただいております。

リブリーザー・ダイバー

¥180,000

税別

合計4日間
学科:12時間
プール:組立実習を含め7時間
海洋実習:2日間
補講費用:23,000(税別) / 1日
前条件:18歳以上、25DIVE以上の経験
必要資格:PADI OWD 以上、エンリッチドエアSP (他団体の資格でも上記と同等であれば受講可能)
アドバンスド・リブリーザー・ダイバー

135,000

税別

合計2日間
学科:5時間
プール講習はありません
海洋実習:2日間
補講費用:23,000(税別) / 1日
前条件:18歳以上、30DIVE以上の経験
必要資格:PADI AOW 以上、リブリーザー・ダイバー以上
リブリーザー・パッケージ

273,000

税別

リブリーザー・ダイバーとアドバンス・コースを同時に受講できます。
学科:17時間
プール:組立実習を含め7時間
海洋実習:3日間
補講費用:23,000(税別) / 1日
前条件:18歳以上、25DIVE以上の経験
必要資格:PADI OWD 以上、エンリッチドエアSP (他団体の資格でも上記と同等であれば受講可能)
料金に含まれる内容
講習費用 インストラクターが講習を行う費用です。 最新の情報をお伝え致します
実習費用 講習に必要なプール使用料、施設使用料や入海料。 ボート実習へのアップグレードも可能
リブリーザーレンタル費用 弊社の器材をご利用頂けます。 最新のファームウエアを使用します
教材費用 PADI教材、ユニットマニュアル 英語版
シリンダーレンタル費用 講習中に必要なシリンダーです。 酸素、圧縮空気
CO2吸着剤 1日あたり1個のカートリッジを使用します。 スクラバーとも呼びます
申請費用 ライセンス発行費用です。 世界共通資格です
別途必要な物
通常のダイビング器材 保護スーツ、軽器材、レギュレータ一類、DSMB,30m以上のリール レンタルも可能
宿泊費や食費 講習期間中の宿泊と食費 宿泊は別途ご手配下さい
移動費(送迎) 宿泊施設からお店までの送迎 お店から実習先への移動に費用は発生しません
補講費用 講習日程内で認定条件を満たせなかった場合 追加講習は1日単位になります

水中作業の運用相談できます。

2012年から現在に至るまで、水中作業に対して実際に実験し、様々な運用経験を積み重ねてまいりました。潜水作業会社様の運用のご相談が可能です。

高気圧作業安全衛生規則に適合しています。

一般社団法人日本潜水協会推奨減圧表に準拠し、アルゴリズムはZHL-16Cのビュールマンモデルを使用いたします。安全率も変更設定可能で潜水士の体調や作業内容及び環境によって変更が可能です。Poseidon社と共同開発で日本専用モデルを販売可能です。

既にお持ちのライセンスがPADIではなく他団体の場合、同等レベルと認められるランクであれば問題なくご参加頂けます。分からない場合は私までご連絡下さい。尚、この講習に必要な資格整備も講習としてご案内できますのでご安心下さい。

お客様でご用意頂く器材は、1.水温に合わせた保護スーツ 2.軽器材[マスク・スノーケル・フィン・ブーツ・グローブ・メッシュバック] 3.重器材[レギュレーター1st&2nd・オクトパス・ゲージ] 4.アクセサリー類[コンパス・ナイフorラインカッター・DSMB&30m以上のリール]。販売も可能です。

教材、器材マニュアル等は全て英語表記となりますが、日本語訳の資料を多数ご用意しておりますので、言語の問題で理解が難しいという事はございません、ご安心下さい。

講習でお渡しする資料やマニュアル等はデジタル化したPDFでお渡しできます。どのような環境でも携帯端末にてマニュアルを参照できます。